file.736;『青くなくて良い空』


20081229


        灰色の青空の(シタ)
        不思議に思った  灰色でも「青空」なのか…?と

        燃え焦がす記録の隅で
        飛んでいる鳥が  聞き憶えの有る声で鳴いた

        いつからだろう?
        ヒトをゴミのように  思っていた

        傷付かなくて良い世界に
        迷い込みたかっただけかもしれない
        フラッシュバックの中に  (大切な)
        泣いているヒトが 見えた気がする


        燃え尽きた記憶の隅で
        止んでいた雨に聞こえる…  私の声で泣いた

        いつからだろう?
      「意味」を「理由」のように  思っていた

      「私が生きて良い」世界を
        闇雲に迷っていただけで  だけど
        笑ったって 消えないと  (どうしても)
        信じられなくて  目を閉じていた


      「誰もが生きて良い」世界を
        闇雲に迷っていただけで  だから
        笑ったって 消えないと  (今 キミにも)
        届け  意味成す言葉  この歌に
        突き立てて示す  旅立ちの(シルベ)



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.