file.718;『 as one likes 』


20081110


        キミと手を取る夢を見て
        誰しもが 幸福を求めていると理解した

        孤独に堕ちて 空ろになって
        何処までも 他者を敬遠してきたら
        見詰めていた筈の 世界の在り方を見落としていた

        数あるヒトの中で (タダ)「一人」を見つけただけ
        ソレが選択であったのか 選別であったのか
        誰かが「勝手に」意味を こじつけるだろう
        そんな(マヤカ)しと 思い込みの果てに
        僕らは どう見られるのだろう…?
        放っておいて呉れれば ソレが「正解」だよ


        鼓動が()ちて 虚ろになって
        何処からも 他者が増殖してきたら
        確かだった筈の 僕らの在り方が逆転していた

        (カズ)けるヒトの中で ただ「二人」は守りあった
        ソレが虚飾であったのか 拒絶であったのか
        誰かに付け込まれて 消えてしまうまで
        瑕疵(キズ)一つなくて 何より信じてた
        今 キミは この空の(シタ)かな…?
        放っておいて呉れれば ソレが「正解」だよ


        キミが手を振る姿から
        偽らず 幸福に満ち溢れてると確信した

        数あるヒトの中で (タダ)「一人」を見つけただけ
        ソレが選択であったのか 選別であったのか
        誰かが「勝手に」意味を こじつけるだろう
        そんな(マヤカ)しと 思い込みの果てに
        僕らは どう見られるのだろう…?
        放っておいて呉れれば ソレが「正解」だよ

        サヨナラは「合図」で 誰も知らない「ナニカ」だったから
        永遠に 誰にも解き明かせない 「見落とし」の儘でイィ



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.