file.717;『 bird cage 』


20081105


        ひとつ、ひとつ 空を数えてゆく
        アナタに出会える空は 幾つ目の空?
        風が空に舞い上がる 刻まれた道筋を

        定められたモノばかり ヒトは選んでゆくけれど
        アナタが望んだソレは 決められた(ソト)へと飛び散った

        手に出来るモノは一つ そう教えられてきた
        なのに 誰も望むコトを()められない
        今 失いかけるモノこそ 未来で必要になるモノでしょう…?


        ひとつ、ふたつ 夜を数え眠る
        アナタを見つける夜は 幾つ目の夜?
        雨が夜を舞い踊る 希望 無き粗筋へ

        清められたヒトばかり 神は選んでゆくけれど
        ワタシが望んだ鳥は この部屋の外へと飛び去った

        手に出来るモノは一つ そう教えられてきた
        なのに 誰も悔やむ未来 ()められない
        今 失いかけるヒトこそ 本当に必要とするヒトでしょう…?


        アナタが望んだソレは 入れられた篭から飛び散った

        天に星、ヒトは独り そう教えられてきた
        なのに 誰も望むコトを()められない
        今 手を伸ばすならアナタに 未来を託すように伸ばしましょう

        どうか この手を強く握り返して下さい…



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.