file.703;『


20080927


        朝が訪れるコトを嘆き 顔を背けて泣き崩れた
        自分でも分からぬ儘 背負ってきた罪業
        ワタシの背後(ウシロ)には何がある?

        今日を生きる意味は失われ
        何の慰めが あるのでしょう…?

        流れ去る時間(トキ)が 首を絞めるだけだと分かるまで
        誰もが追い詰めるような励ましを掛けてきた

        暴き出された寂しさは 此の身には重過ぎると知り…
        準備した言葉では埋められない亀裂(ミゾ)に 感情を詰め込んだ
        平坦な道に見せ掛け その上を渡らせた
        彼の現在を知る者は居ない――

        それでも
      「捧げた心に見合う思い出を いつか信じられますように」
        願っているココロは あの頃と変わらず清らかで 反吐が出る

        思いは 弱過ぎても 強過ぎても ダメだ
        弱さや強さは 時に身も心も果てさせる

        もう一人のワタシは とても穏やかなのに
        どうしてワタシは… ワタシだけが こんなにも泥だらけなのでしょう?

        疑惑を十字へ(ハリツケ)に!
        朝が訪れるコトを(ウタ)い 顔を向けて泣き真似をする
        繰り返す「日常」が 欺瞞たるワタシに満足していられる現実を築いて
        一人ぼっちで 微笑むのです
        アナタを弔うように ただ…



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.