file.690;『 summon 』


20080824


        ボク無しの世界 繋げた時
        夢の世界は 導いた――

        あった筈の当然が
        実はどうでも良いモノだったなんて 誰が信じるだろう?

        急かされるように歩いた 彷徨い道
        鏡越しに見た ボク無しのキミは 何一つ変わらない

        呼ばれたように振り向くキミ
        視線を彷徨わせても ボクは居ない…

      「ダケド、ヒツヨウ」だと思ってた
        信じられるモノは どれ程の価値のモノだろう?
        何処までの価値を与えられたモノなら 信じて良いのだろう?

        この言葉で 誰かが召喚()ばれる
        存在と価値を(ハカリ)に掛けて 誰かが紡ぐ

        ―― 逆らう愚者(モノ)を汲む(サカズキ)
        ―― 死の便りへと 導きの天空(ソ ラ)
        ―― ボク無しのセカイ 繋げた瞬間(ト キ)
        ―― 懐古(ユメ)のセカイは 満ち()いた



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.