file.687;『 cryonics 』


20080822


        一人 歩いている
        ダレも 居ない世界

        きっと 直ぐ傍に 居るのでしょう
        ボクを 気に掛けるヒト

        真っ直ぐ歩く それだけの為に
        真っ直ぐ前だけを 見ている

        視界に入る 凡てをスルーして
        自ら 孤独に堕ちる

        この心が (ノチ)に残るなら
        今より ずっと春めく世界に
        生きられると 信じて
        凍らせて その目が気付く時を待ちたい


        一人 歩いている
        ダレも 歩いている

        もっと 信じれば 拡がる今日
        ボクを 陽に当てるヒト

        真っ直ぐ伸びる それだけの種に
        真っ直ぐ天上(ウエ)だけを 目指せ、と

        破壊に走る 凡てをスルーして
        自ら 孤独に堕ちる

        この命が (アト)を残すなら
        気付いて そっと囁いてるコト
        眠る鼓動 感じて
        凍らせて この芽が息吹く時を待ちたい



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.