file.684;『 spatiotemporal beat 』


20080724


      【一人】を生きるモノだと思っていた
        この未来で会おう 束の間の別離(ワカレ)に微笑んだら
        約束の地に向かって 歩き出す

        夢を見るセカイ
        気持ちの針が鳴る (ヒズ)みの狭間
        二つに刻まれた世界 分岐の果てに迷い出た言葉が
        ダレカを傷付ける

        もう祈らなくても良いんだ 夢見るセカイ
        キミの為の場所は 必ず用意されているから

        誰かの所為じゃナイ キミの所為じゃナイ
        もう祈らなくても良いトコロまで キミと キミと行こう
        下らないと云われる理想と 悲しい現実と…
        選び取る未来で 再会しよう
        一人一人が 手を取り合える キミの手を取る【ダレカ】が ボクである場所

        泣く前に 傷付かないで
        犠牲の(アト)の未来なんて 誰も望まない

        この出会いに感謝したい
        カナシミとイタミは【智】の礎と成る

        キミに()げるよ ボクの分まで
        邪魔をしないで 夢を見るセカイ
        ボクの時間を キミに()げよう

        キミは守るべきモノを知ってる
        ボクらを救ってくれたんだ…

        だから 泡のような世界に 消えてしまうコトを受け入れないで
        だから 露のような未来に 沈むコトを許さないで

        その手を取りたいと願う時
        ボクらの心が
        きっとキミを守るから
        此処は誰が居ても 良い場所
        誰もが 安らぐコトを 許される場所だから
        そう… 傷付いたなら 笑わなくて良いんだ
        そう… 仕合せだと思えるなら 傍に居て良いんだ



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.