file.682;『渡海(トカイ)


20080721


        カゲロウが 散りゆくように
        アナタに 堕ちてゆきたい

        一筋 波を隔てて 船の灯りが擦れ違い…
        ソレは まるで 海魂(ウミダマ)が (ウツツ)に迷い出たようで

        きらり きらり ソレは
        街の()のように

        暗い 暗い 場所に
        引き摺り込まれる

        想像した風景を 左手で(エガ)くように…
        硝子壜に活けた 緑の箸のように…
        胸に咲く儘の姿で 伝わるコトはない

        沖合いで アナタに出会えたなら
        舟の栓を抜いて 舟の栓を抜いて

        沖合いで アナタに出会えるなら
        舟に栓をして 其処まで行ってみせましょう…



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.