file.680;『 uninhabited land 』


20080717


        この世界は区切られて 細切れの地に 生きる人々
        家畜との差異はナニ? 此処は檻のナカと変わらない

        刻まれる針に支配される日常
        陽の昇り降りと 一式(セット)の紙切れ

        繰り返し 繰り返し
        此処に存在するリピート符号

        誰かが逆らう 誰かが密告
        誰かが嗤う 誰かが涙す
        其処に存在するリピート符号

        (サク)の向こうに (シガラミ)の無い世界を信じた
        過去も未来も霧の中 そんな世界を信じた

        だけど 誰にも会わない世界の一角
        其処に生きる 誰もが 誰にも会わないで
        家族は無くて 友人も無くて 自分以外…無いトコで

        誰かが 「領域(エリア)の終わりを見た」と云った
        そして誰かがソレを広めた ボクは信じた
        終わりの向こうの新天地

        子どもも無い 大人も無い 他人も無い
        子どもも無い 大人も無い 他人も無い
        子どもも無い 大人も無い 他人も無い
        子どもも無い 大人も無い 他人も無い
        子どもも無い 大人も無い 他人も無い
        子どもも無い 大人も無い 他人も無い

        家族は無い 友人も無い 自分以外… 自分以外 無い
        子どもも無い 大人も無い 他人も無い 其処に【相対(ジブン)】は有るのか――?
        もう誰が愚かだったのか?なんて 興味も無い

        (サク)の向こうに (シガラミ)の無い世界を信じ…
        信じただけ  信じたかった  それだけだった――



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.