file.669;『 Carnot cycle 』


20080616


        その言葉を受け取るだけの資格が ボクには無かった
        あの頃も今も

        どうしてキミは そんなにボクを評価するの?
        苦しいくらいに 下らない自分が浮かび上がるだけ

        その気持ちを受け取るだけの自信も 何一つ無くて
        呆然としていた

        キミの言葉が 突き刺さって 抜けなくて
        キミの心根が ボクに深く沁みて…

        その熱が ちっぽけな水滴を温める
        溢れ出す頃には ソレは別の名前を貰うから

        深く 深く 突き刺さって 抜けなくて
        キミに対する申し訳なさと 自分の卑小さを感じながら
        弱さとは別の 悲しさとは別の 情けなさとは別の

        ソレハドコカ 可逆的熱機関(カルノーサイクル)を思わせる
        その熱さは どんなエネルギーに変わるだろう…???
        いつか誇れる時が来るまで 温めていたい



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.