file.662;『 working order 』


20080520


        A:
        帰り道。
        電車の中は、人も(マバ)ら。

        もう日付が変わってた。
        何か……ナニやってんだろ…?

        雨も降ってくる。
        踏んだり蹴ったりだ…。

        目から色んなモノが零れても、悲しいワケじゃないんだ。
        だって、こうしてやってるコトが意外にも楽しいから。

        だけど…なぁ、ナニやってんだろ?
        毎日が、向こうから飛び込んでくる。
        切れ目の無い朝が、目を閉じた瞬間に遣って来る。


        B:
        また帰り道。
        ホームの隅に、人は(マバ)ら。

        疲弊してゆくのは身体(カラダ)
        何か もう……ナニやってんだろ…?

        雪も舞ってる。
        このまま凍えてしまおうか…?

        貝殻 拾って、海の傍。
        そんな風に、旅に出てしまえたらイィのに。

        思い付く限りの我儘って云えば、
      「平日、ウチでテレビを見て笑っていたい」。
        そう……ただ、笑ってたい。


        C:
        こうして帰り道。
        終電 逃せず、人も(マバ)らな通りを走る。

        どうにか こうにか ギリギリセーフ。
        って――だから、ナニやってんだっての…。

        例えば、考えてみる。
        尤もらしい不可抗力な出来事でも起こらないか、なんて。

        家路を急ぐ仕事人。
        誰かに背中 刺されたら、明日(アシタ) 休めるかな???

        色んな(モノ)感染(ウ ツ)ってゆく。
        色んなコトが移り変わってゆく。
        色んなヒトが(ウツ)ってゆく。


        はぁ…ナニやってんだ。
        早く帰って、早く寝よ。
        明日(アシタ)もチャイムにギリギリだ。



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.