file.655;『 other hazard 』


20080503


        時々 ボクに触れてくるシアワセ
        単調な日々の彩り
        お弁当箱の中でサクラ型に納まるキャロットグラッセのように

        使命と遣りたいコトが異なっている
        だから、日常はタイクツ

        そんな中、キミの心は 未知の答え
      「ウソを吐かない生き方」なんて、ホントに出来るのか???

        偽らざる迷いは、そのまま苦悩に手を染める
        世界の端が悲鳴を上げて、駆け寄る未来を否定した

        叶えられる希望さえ「遠い夢」と道を狭める
        一歩 踏み出しても、遣り切れない現実にウンザリで…

        呻いてみたって、生き方は変わらない
        不安は命を縮めるか? どうだってイィ

        偽らざる迷いに、誰かが警告を発した

        人はそれだけで温かいのに、
        それでも()だ、お互いに温まりたいと願う

        キミの夢を、少しでも叶えたい
        ボクの生きる理由は「その程度」と評価される
        キミの夢を、少しだけ叶えたい
      「その程度」だから、どうか許して

        ボクが あと少しだけ キミの夢の為に生きるコト



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.