file.632;『 depth 』


20080309


        キミが捧げて呉れたモノは キオクの中で何より深い

        冷たい部屋のスミで吐く 白い息
        ナミダの結晶の ように 濡れていた

        キラめく淡雪(アワユキ)の 散る夜空に
        沢山の命の抜け殻が 積もるでしょう

        ホシよりも ハカない ヒトの ネガい
        最期に 一つだけ 叶える為 きっと流れ落ちる

        朝 目が覚めて 生きていて
              ソレが アタリマエであるなら
                    キミは キセキを目の当たりにしている
                          ホシよりも ハテない ヒトの ネガい

        明日(ア ス)を思って笑顔を浮かべられるなら
        日が暮れる頃には ボクはキミを 愛してしまうでしょう



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.