file.625;『 carry on 』


20080211


        白き花の() 背に (ミナ) 去りゆく
        散り乱れる景色が 凡てを埋め尽くして

        ダレも知らない秘密 一つ
        いつも 何処かで 怯えていた

        大切なモノに囲まれていたから
        いつも 失くすコト恐れてた
        いつも 気高く在りたかった
        ダレもが そう望んでいたから
        ダレもが そう望んでいると…
        勝手に背負ってしまっていたから

        carry on...
        ソレが 呪縛だとは 思えない
        ヒトの一生さえ決めてしまうような
        強い定めだと 信じているから



        黒き雲の雨に (ミナ) 還りゆく
        散り乱れる景色が 凡てを責め尽くした

        今も知られぬ秘密 一つ
        いつも 何かに 怯えていた

        大切な蕾 そっと育てていた
        今も 枯らすコト恐れてる
        無事に 育つよう願ってた
        それでも 行く末は目に見えて
        誰かに 代わって欲しくて…
        勝手に呪ってしまっていたケド

        carry on...
        ソレを 呪縛だとは 思わない
        ヒトの行方さえも決めてしまうような
        強い定めだと 信じていたくて



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.