file.621;『真夜中の古都』


20080131


        コトは、今日も夜を待った。
        こんばんは。
        ソレが彼女の挨拶。

        夜更けにカラスが行商に遣って来る。
        お陽さまの欠片を売りに来る。
        キラキラ、キラキラ、口に含めば七色の味。

        時計塔が丑三つを指す。
        澄んだ空気にメロディ織り込み、歌い出す。
        夜空に散らばる星々を掃き集めたら、夜が明ける。

        コトは、明日(アス)も夜を待つ。
        くださいな。
        それが彼女の楽しみ。
        自分の「影」の欠片を集める。

        夜明けにカラスは消えてゆく。
        コトは、地下へと潜りゆく。
        おやすみなさい、またあした。

        彼女の仕事は、おソラの掃除。
        光に憧れ、生きている。
        彼女の仕事は、おソラの掃除。
        (ユカリ)に紛れ、生きている。

        星は今日も、コトの為…
        そう、彼女の為に散り散りに成る。



Copyright (C) 2008 8186*60 all rights Reserved.