file.606;『誉れ型進化論』


20071201


        ―― セカイに必要とされて、進化は始まった。
                 人々の中で、ボクの位置を確かめる。
                 求められているのか、そうでないのか。
                 ボクの存在意義(イ ミ)が問われていた。

        ―― 誰もが誇りに(マミ)れて生きている。
                 其処にイノチが流れている。
                 踏み(ニジ)られれば、血も流れるし…。
                 其処にはイノチが(ヒソ)んでいる。

        ―― 其処で戦い朽ちるコトこそ、誉れであると信じよう。
                 ボクらは高慢に満たされ、生きている。
                 例え其処が敵陣であっても、例え其処が死地だとしても…。
                 ボクらを満たす紅い水は涸れたりしない。

        ―― 誉れ型進化論こそ世界の真理。
                 戦い朽ちるコトこそ、誉れであると信じて。
                 理想を叶えよう。
                 誉れにこそ生きる理由があるのだと。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.