file.601;『軌道』


20071111


        + + +
        このムダ感が好きなんだ。
        ソレが理由。
        助けられたいワケじゃない。
        慰められたいワケじゃない。
        それでも、守られない儘の約束は…きっと不安で泣いている。

        + + +
        嘘で固めてる。
        自分を守ってるつもり…?
        誰かを守ってるつもり…?
        そんなの、どうでもイィ。

        + + +
        どうしたいのか…。
        自分はどうなりたいのか…。
        分からない儘に生きている。
        このムダ感が気に入ってる。

        + + +
        何が正しい…?
        ボクは、正しいと認められる道を行くべきか?
        ソレ以外は外道か?
        ボクの生きるムダは、本当の無駄か?

        + + +
        飼うべきプライドが決まっている世界。
        曲げることの出来ないスプーンのように。
        飼うべき意識に欺かれる世界。
        アイツが曲げてみせたスプーンのように。

        + + +
        玉虫色の道を行く。
        飴色の道に塗り込められる。
        濁ったサカナの目の色をした道に迷い込む。
        そう見える色の道で立ち往生。

        + + +
        誰にどう見える色の道で、
        ボクは生きようとしてるのか…を考えてみた。
        この道から外れる権利を持ちながら、ボクは迷っていた。
        だけど、ボクは此の道でムダを生きる。
        此の道で、ムダに生きる。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.