file.585;『 ring と青空 』


20071010


        ソレは呪文のように、僕に染み込んできた。
        向い風の回旋曲(ロンド)
        その音は、どこか寂しげで……泣いていた。

        空中の青。
        その色は、どこか青褪めていて……今にも倒れそうだった。
        ring と青空。
        タイトル横には、風に揺れるページ。

        日中(ア サ)(リング)
        夜中(ヨ ル)(リング)
        結局 誰もが、その どちらかを強く願っている。

        青空と一緒に、その(フチ)を描こう。
        トガった(ホシ)さえ、涙が滲めば(マル)く成る。

        リングとアオゾラは、何処で交わった?
        とても遠い場所なのに、同じ場所に居るように見える。

        僕らの誓いは、リングとアオゾラのように。
        守れるようで、守れなくて。
        守れないようで、守りたいモノ。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.