file.567;『押入れ猫に、無上ユーモア』


20070905


        押入れに放り込んだ猫の縫い包み。
        天袋に隠した象の縫い包み。

        猫はポケットの付いたロボットに成ればイィな。
        象は、その中で飼える大きさのミニチュアサイズならイィな。

        色んな想像が許される人生が、イィな。
        ちょっとくらい大それたコトを口にしても、
        笑われたり非難されたりしない人生がイィな。

        時間を止めたり、戻したり。
        週休5日とか、年中有休とか。

        そんな人生じゃ、とても「詰まってる」とは思えないけれど。

        口にして「そんなの ちょっとイィよね」って
        笑い合える位……あってイィと思うんだ。

        毎日、寂しい事件が起こる。
        毎日、悲しい理由で起こる。

                                        罪と罰と。
                           酌量と恩赦と。
        誰の何処に何を適用すれば、
      「コレで正しい」んだ、と判断デキマスカ?

        無情で無常なヒトの世は、
        少しくらいの冗 談(ジョーク)
        当意即妙(ユ ー モ ア)で埋まる位がイィ。

        それ位で丁度イィ。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.