file.559;『流れる川の、あの村の記憶』


20070826


        火の爆ぜる音
        頬に熱 風が止む

        行きましょう
        濡れた靴も 乾く頃
        アナタの寝息が聞こえてる

        帰りましょう
        行き場の無い 流れ鳥

        支配される薄闇の感情に
        立ち上がる勇気は その闇の奥に



        陽射し差す音
        額 熱く 風が吹く

        生きましょう
        濡れた瞳 乾く頃
        セカイの鼓動が聞こえてる

        帰りましょう
        死に場の無い 流れ鳥

        支配を解き 薄明りの狭間で
        立ち上がれ 後悔なんてイマサラだと



        此処では もう生きられない
        此処には 長く居られないのだから

        行きましょう
        濡れた靴が 乾く頃
        アナタの寝息も途切れてる

      「引き止めないで」 と交わしたでしょう
        その約束だけが 二人を繋いで……



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.