file.533;『 shortage 』


20070625


        何処の世界も、「欠けてる」「足りない」「もっと必要」。
        そんなコトばかりで始まる愚痴の応酬。

        誰もが現状に満足してる筈ないケド、
        それでも どうにかソレで 遣ってかなきゃ、
        何処に秩序を見出せって云うんだ?

        平和な日常に、隠れ潜んでる整然。
        誰でも、何処でも、ソレが当然って顔して歩いてる。
        だけど、ソレが無くなったら……

        誰か、僕を殺しに来るダロ?

        そう。
        このカーテン開けたら、狙撃手が狙ってて。
        外食してみたら、ウェイターが毒を盛ってて。
        靴の中には、画鋲が入ってて。
        自転車のブレーキは切られてて。

        ほら。
        危ないコトだらけダロ?

        不必要さえも「必要」と偽って、
        有り余ってるクセに、求めるモノは何一つ 手の中に無くて。
        その不足を誰かが埋める迄…。
        その欠乏を補えるモノを、誰かが『奴ら』に与える迄…。

        なぁ……もっと効率良く品定め出来ないのかナ?
        ソレが無理なら、もっと慎ましやかに生きられないのかナ?


        so lack...
        so insufficient...
        I'll be in need of ... more!!
        全部、此処に持って来やがれッ!

        義務も果たさず、そんな風に叫んでる。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.