file.522;『サヨナラ、在りし日』


20070525


        いつしか ――
                懐かしい場所が、少し遠くにあるね。

        寂しさよりも、【過去(オモイデ)が傍に居ない不安】に蝕まれる。

        全天の星明りが くるり廻る夜に、
        待ち焦がれていたモノは 何だったでしょう?

       「凡てが現実だ」と笑うキミの、
                                            その心は確かに晴れやかで。

                                          ボクは今、どんな風に
                      キミの目に映りますか?

        あの頃は、(シオ)れた瞳の儘、
                             草臥(クタビ)れた心の儘。
                                        背中 押される迄、其処に佇んで…。

        思い出の中。
        錆びたボクらの叫びは、軋みと成って 鳴き出して…。
       「サヨナラ、在りし日よ」

        夢に見るのは、いつも未来のコト。
        今日 この日よ、在りし日に花束(サヨナラ)を。
        そして ボクらは、一瞬 先の明日(ア ス)を見ていよう。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.