file.514;『少しだけ』


20070508


        ボクの掌に、弾け飛ぶ水泡(アブク)
        其処から新たな(ユカ)しさが生まれる

        届いた言葉は、少しだけ曲げられ
        思いつきでしかない返事で締め括られる

        世界を歪め、糸遊(イトユウ)のように生きれば
        少しだけ真実が見える


        キミの手の中に、握られた太陽
        其処から温かな優しさが溢れる

        届かぬ言葉は、少しだけ()げ落ち
        想い果つる長雨… 返事の期待も消える

        世界を鎮め、陽炎のように満つれば
        少しだけ深奥(シンオウ)が見える


        少しだけ刺々しい湯玉(ユダマ)
        少しだけ物悲しい節度
        少しだけ切々と、切々と……



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.