file.513;『法螺噺(ホラバナシ)、時々 神頼み』


20070507


        星が煌いた 夜の語り。
        今 音が消えたら、逆夢は常夢(トコユメ)を超えて…

        ()えぬ神頼み。
        過渡を目指し、永久(ト ワ)へ向かう。

        繋ぎの聖櫃(セイヒツ)
        誰かが思い出す偉人…?
        雨樋(アマドイ)も狂わす、意味不明の三面記事。


        葦が貫いた 宵の帳。
        雨音が消えたら、空夢(ソラユメ)を正夢に変えて…

        冴えぬ法螺噺(ホラバナシ)
        意図を兆しとして、巣食う。

        (ツガイ)静謐(セイヒツ)
        誰かを謳い出す詩人…?
        (スナド)りも振るわず、五里霧中の三文記事。


        可視が さざめいた (ヨキ)(ハツ)り。
        端音(ツマオト)が消えたら、現夢(アラユメ)箱夢(ハコユメ)に添えて…

        結えぬ与太噺(ヨタバナシ)
        古都を(クダ)し、常葉(トコハ) 攫う。

        対馬の聖筆(セイヒツ)
        誰かが誘い出す佳人…?
        餓鬼道に迷わず、無味無臭の三嘆(サンタン)記事。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.