file.509;『嘘と浮かれ気分と宇宙線』


20070425


        1.
        嘘と浮かれ気分が入り混じる。
        制御し切れない高揚が、理性を侵食。

        「はじまり」が嫌なモノだったとしたら、其処でリセット…?
        其の先での急展開も、挽回もナシ???
       「信じる」って云った、アレは嘘だったの?


        2.
        嘘と浮かれ気分が入り混じる。
        でも、その嘘はハッタリ。浮かれ気分は緊張の裏返し。

       「おわり」を望まないとしても、【底】で完結。
        其の先は、きっと其々(ソレゾレ)の手で紡ぐ【永遠】。
        誰が「お仕舞い」って云った? ソレは勝手な解釈…?


        3.
        嘘と浮かれ気分が入り混じる。
        世界とボクらとの境界は、厳然たる分離の上にある。

       「幕間(マクアイ)」にヒマを持て余し、悪気もなく舟を漕ぐ。
        ほら、明日(アシタ)もボクらは地上で地中で。
        世界に雨が降り、陽が照り、宇宙線だって見え始める。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.