file.501;『其のノートが知っている』


20070418


        沙漠の真ん中、誰もが口を開けて倒れていた
        雨が降ってくるのを、ジッと待っている

        駱駝(ラクダ)(サバ)かれ、骨は()められ
        人間(ヒト)は裁かれ、骨は砕かれ

        時に、誰もが孤独に成る
        (トミ)に、誰もが孤独に病む
        擦れ違う人とは 目も合わせないまま


        都会の真ん中、誰もが足を止めて眺めていた
        人が降ってくるのを、ジッと待っていた

        痛みも分けられず、耐え切れもしない
        そんな他人は、好奇の的なの

        時に、愛しさを凌駕する
        (トミ)に、潜む闇が湧き立ち…
        愛を知る僕らは 手も差し伸べぬまま


        誰もが旅をしている
        旅の途中だというコト、忘れて
        旅の途中だと忘れ…

        幾度、幸福に浸ろうか…?
        幾つ、仕合せ見つけようか…?
        自分以外のダレカも、一緒に
        願い通り 生きられますように ―― そして

        闇路は明け、旅の(シルシ) 書き残す

        ノートは、次の記帳を待っている
        沢山の思い出と、旅人を迎えてくれる



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.