file.484;『僕等の間の契約』


20070314


                           いつもと違う風 受けて
                           いつもより明るい時間帯
                           いつもと違う小径(コミチ)

                           いつもより聞こえる耳 付けて
                           でかけよぅ。

        響く靴音
        響く鳴き声
        響く車のクラクション
        取り出す音は、誰もが別々

        信じ難い程 幾つもの  守りたいモノ 抱えて
        僕らは此処に立っている
        ソレは  きっと奇跡よりも稀少な現象
        小鳥も焼鳥も  枝に止って春を呼ぶ


                            今 直ぐ 飛んで()けるように
                                 他の誰かなんて呼ばないで
                                  僕が其処に駆けつけるから

                                   探している
                                いつだってキミのコトばかりじゃ
                             いられないと分かっていながら
                            今 「一番」だと、勝手に思い込んだだけで

       「お守りします」
        誇りと誉れに隷属していたいと願うから
       【コレ】は、
        その代償としての誓い

        守りに()くよ
        今 直ぐに
        だから、どうか他の誰かを呼ばないで
        嵐を突き破って、僕の名を叫んで
        i will save you.



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.