file.482;『 clothoid( クロソイド ) 』  /  オリジナルストーリー「新世界の()(キタ)る」抜粋再編


20070313


        刻み込まれた空の色
        手に滲んだ血糊の色

        誰が其処に埋めたの…?
        この春、二度目の葬儀
        この人と その人が悲しみに暮れる
        あの人は涙も涸れた

        入口には狭すぎて、
        墓は、進入を拒んでる

        絡まり合った大地
        交差する砂の原
        黄に塗られた樹海の底
        洞窟を走る海の流れ
        夜の世界を旅する太陽
        虹が溶けたアトの空は七色

        時々、何かが歌ってる
        其処は『神世界(シンセカイ)

       「彼ら」の生きる何気ない
        憤りと仕合せが、
        苦しみ、喜び、生き甲斐が…
        (ニジ)み詰まる場所だから

        此処に旅は始まった
        終着は決まっているものの、
        辿り着く その日は定かでナイ

        心優しき、哀しき彼らの日常が、
        時々 一行ずつ拓かれてゆく


        ―― さぁ、頁を(メク)れ  読人(タビビト)



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.