file.464;『 azalea( アザレヤ )


20070223


        分かり合う。
        世界が一つの阿蘭陀躑躅(ア ザ レ ヤ)のよう。
        今 思うと、随分 下らない いがみ合い。
        見えない影 踏まれてたのかな…?
        貼り付いたみたいに頑固だった。

        次から次に。
        養った分だけ 何かが残れば良いのにね。
        見返り求めて、探し歩いていました。
        振り返らずとも、誰も ついて来ていません。
        分かり合えるでしょうか…。

        アシタへと。
        今日だって生き残れたんだ。
        明日(アシタ)も、きっと 遣って来る。
        不安を感じ始めたら、【生きるコト】を守れない。
        穏やかな風を、きっと思い出せる筈。

        異国の地で。
        例え、ボクが明日(ア ス)を拒んでも。
        世界は明けてゆく。
        日が昇り、人は目覚め、言葉が生まれる。
        ソレを文字にしていく。

        ボクらの営みが、思い付いたように形に成っていく。
        繰り返す営みを、ボクらは軽んじる。
        けれど、人は走馬燈の片隅に思い出すだろうから。

        良いコトばかりではない人生だけれど、
        泣きながらでも振り返れば、凡てが得難いと理解デキる。

        嗚呼、アザレヤ。
        異国の地で、夜明けを待て。
        幻が(マコト)に化ける 丁度その瞬間まで。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.