file.462;『掛け替え無き物』


20070217


        寂しさを 隙間なく植えてみても…黒き拳が、この胸を貫く
        穴の()いた心で、何も無い心で、僕らはナニを感じるのだろう…?
        此の世界に二度と現れぬ、掛け替え無き物よ
        其処には、"失われた" 結果だけが残る

        旅立ちに 永遠 望むが如く…昏き飛沫(シブキ)が、この胸へと満ちる
        穴の()いた所で、何も無い所で、僕らはナニを叫ぶのだろう…?
        此の世界に二度と現れぬ、掛け替え無き物を、
        ボクらで、"手に残る" 結果として(イダ)

        (アツ)く生きよ  後悔に組み敷かれぬよう
        (アツ)く生きよ  心 深く  意思 熱く

        此の世界で二度と現れぬ、掛け替え無き物へ
        手を差し伸べる青空(ココロ)を胸に…
        人生(イマ)(アツ)く生きる結果が凡てだ



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.