file.437;『因子』


20070128


        疑いの奥に居るのは自分。
        ソレは被疑か…?

        因果を持って「定められた」存在は、
        突き詰められれば…砕ける。

        怒りは感情の汚点か…?
        望み絶えたるは、心の不全か…?

        君臨の(モト)に、情緒は不要。
        寛容の虚ろは、伴いの欠如。

        架空の中に現実を求め、
        此の因子の従うトコロ、
       「光に闇ナシ、闇に光ナシ」
        互いに、内包無き孤立。

        染まらぬ情操。手練の排除。
        纏まらぬ故に許される。
        其は「存在」。不在の因子。
        襟を正せ。不解の因子。

        口を閉じれば、見つからぬ。
        口を閉ざせば、見つからぬ。



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.