file.421;『清唄(サヤウタ)


20070115


        染み()る 雪見の瀬
        手に掬う花のカオり…

        舞い()塵芥(チリアクタ)
        ()の奥に 射し込む緋は

        消えぬ現実(イマ) 求め
        この空に散らして
        咲き誇る息吹 そっと()いた

        寂しさ 隠し切れずに
        探し当てたら
        愛しさを増して
        揺れる 不安を包み
        触れる 確かさ
        今 忘れないで いたい


        積み残した 冬も
        寄せ集めの 殻供汰(ガラクタ)

        崩れゆく波の輪
        ()けた闇が 追い縋る

        この日は 束の間
        思い出は「過去の瑕疵(キズ)」と
        キミへの想いも そうであれば…

        捉えた 此の胸の()
        世界を散らす
        誰が咎めても
        キミを 夢想(ユメ)に見たくて
        ただ ソレだけで…
        今は 枯れないで いたい


        (コラ)えた 叫びは絶えて…
        涙も切れて
        小波(サザナミ)に呑まれ
        欠片 手にして眠る
        ガラスに映る
        今 別れないで いたい

この詞で Nitro+『沙耶の唄』 ED2「ガラスのくつ」が歌えますw



Copyright (C) 2007 8186*60 all rights Reserved.