file.368;『ウミ』


20060926


        幼い頃、当然だと思っていた現実が
        夢物語の一幕だったコトに気付き、涙した。

        何処かで数え間違って、
        其処から ずっとズレたまま。
        誰かに訊いてみましょうか…?

        時が流れてゆくのは、仕方がないコト?
        目に見えない沢山の思い出を積み重ね、
        いつしか僕らは、其の凡てを忘れてしまうでしょう。
        それでも、今を記憶に留めたいと願うでしょう。

        手に入らない沢山の気持ちを積み重ね、
        それでも僕らは歩いてゆく。
        過去を失くしながら。

        (コボ)れた記憶と感情は、何処に溜まるのでしょう…?
        誰かが ソレを記録しているのでしょうか…?



Copyright (C) 2006 8186*60 all rights Reserved.