file.356;『夏の土手沿い』


20060805


        ビニール袋、書かれた文字を写し取る。
        地上に煌くのは、ビンの破片だけ。
        頭上を仰ぎ見るけれど、世界は黒。
        よく知るキミの心と同じ。
        隠したボクの心と同じ。
        何処かに真っ白な、キレイな場所があるとしても…。
        ボクらはきっと、此処に居る。

        安心が欲しいだけ。
        誰からも見咎められないで 居たいだけ。
        平安が欲しいだけ。
        不安な朝が来るから… 此の黒に(カクマ)って欲しいだけ。



        夏の土手沿い、花火が上がる。

        こんな24時間(セ カ イ)が続けばイイのに。



Copyright (C) 2006 8186*60 all rights Reserved.