file.338;『折葉(オルハ)


20060620


        与えるばかりの 大人たち   御神(ミカミ)より(イデ)たる 子どもたち
        手札(カード)  和音(コード)  読込(ロード)の嵐
        此処に在る()き (マジナ)いの()
        枚数足らずで 危難を招く
        手数(テカズ)  数多(アマタ)  数奇(スウキ)(マド)
        待ち惚けの 薄笑いが 路地に消えれば
        (ウツ)ろの人型(ヒトガタ) (ソラ)を舞う

        押し付けるだけの 天上人(テンジョウビト)   受け継ぐばかりの 殿上人(テンジョウビト)
        (モード)  無礼な(ルード)  (トード)先取(リード)
        鎖の先に ヒトの(クラ)()
        腐り果てた罠 悪事は絶えず…
        手管(テクダ)  那由他(ナユタ)  ()()の撒餌
        トロツキスト 千鳥足の 路次(ロジ)で星 拾う
        後ろの人影 結い上げよ

        失うばかりの ツクリゴト   貯めては失う ヒトの身で
        蜜酒(ミード)  結節(ノード)  3rd(サード)(ウタゲ)
        現し世は(ミナ) 神の書く()
        (クワダ)て 明かせば 人形(ヒト)は目醒める
        手枷(テカセ)  (アマ)つ  『折葉(オルハ)』に(マド)
        足跡(アト) 残し 夜露 染みる 露地 植えし害草(クサ)
        見限られたとて 生き残れ



Copyright (C) 2006 8186*60 all rights Reserved.