file.335;『そのなのいみをしれ』


20060606


        虚ろな菲凡(ヒボン)が這い寄る。
        明日(アス)生命(イノチ)を振り捨てて…。
        此の一瞬に()ぎ込めば、         得られるモノと失うモノ。
        其れ等はいつの時も、同 等(イコール)とは限らない。
        立ち止まるなら、詩を刻め。
        歩む限り、高らかに――其の名の意味を求む()し。

        陽気な悲劇が這い()る。
        立ち止まれども、死なぬモノ。
        ()の一瞬を見逃さず、         背後の(カガミ)を割り砕け。
        悔しさと果敢無(ハカナ)さは、スコールさえ呼び覚まし…。
        気付く間もなく、濡れネズミ。
        魂へと刻む為――与えられた其の名を()れ!



Copyright (C) 2006 8186*60 all rights Reserved.