file.316;『暴食の王』


20060401


        許されざる罪の筆頭。
        歪んだ光景の奥、王の双眸 煌く。

        両手に余る夢。
        ソレは一つの悪夢。
        (ツイ)えた希望。
        ソレは数ある中でも、一際 (クラ)い。

        恐れた瞬間、道化に(サラ)われる 哀れな子羊(ヒト)
        逃げ場のナイ世界は、さしずめ極限の無限。
        抱え込む前に、考える時間はある筈……でも。
        話す機会は訪れない。

        ソレは王の陰謀。
        一つの(ソネ)み。
        ソレは王の謀略。
        一つの妬み。

        天上の檻、天下(テンゲ)の檻。
        地上という、真の「天の境」にあるボクら。
        (ワズ)かなスキを付け狙う。
        飽くなき王が寄り添うは、脆く、強く、矛盾せし人間(モノ)



Copyright (C) 2006 8186*60 all rights Reserved.