file.298;『ポケットの中の endless loss』


20051217


        ひとつ 消えたヒカリの如く…
        ふたつに割れた ホシ還る……

        時が結ぶは過去と今日
        語り手 ぽつり (タタ)エル()

        欠けた海で、兎が惑う
        (スミカ)は あるのに見えぬ夜
        分かっていても トドカナイ
        遠き彼方の彼月(カヅキ)まで
        溶かされ、()ける指先で、
        なぞる(フチ)(ベニ)流れ…


        みっつ 支えの木こり椅子
        よっつ 気付けば、妖精に

        ()けた星座の(マロ)ぶ空
        踏み越えたる 其の先で、「(ムナ)し」と警告
        甲斐もなし

        此処にアルもの 何もかも
        過不足なしに消えるなら…
        凡ては(ザル)の夢の(アト)
        指への落書き ソレが現実(イマ)
        砕けたポッケのナカミと同じ



Copyright (C) 2005 8186*60 all rights Reserved.