file.244;『海の向こうの国と星』


20050310


        目覚めは、いつもの景色デス。
        夜も昼も稼動する。
        潮に電池は不要です。

        シグナルない道、でもだけど…。
        全く一つも進まない。
        俯き気味の星たちと、思考の糸車(クルマ)はカラ回り。

        そんな時には思い出す。
        大切な…大切な家族(ヒト)、暮らす国。



Copyright (C) 2005 8186*60 all rights Reserved.