file.231;『セイメイ』


20050206


        見知らぬモノへの畏れは沈黙。
        ただ、湧き上がる。
        生まれくるワケでもなく、植え付けられるワケでもない。
        数えられぬ程、濃厚な悪意。

        増殖を繰り返し、襲い掛かってくる。
        ただ、悲しい。
        どちらが悪いワケでもなく、どちらが正義というワケでもない。
        消えかかる足跡(ソクセキ)
        それでも、忘れ得ない窒息。

        夢の企てが、世界を暴走させる。
        ただ、轟く。
        無視できるワケもなく、直視できるワケもない。
        大切なモノを決め兼ねて―― いつも失くしてしまう軽率さ。



Copyright (C) 2005 8186*60 all rights Reserved.