第8幕;『最初のワルプルギスの夜』


index story 06;クラスター グリッサンド


   第壱章;「不帰の客」
      街を歩く人々は、白か黒、2種類の衣装を着ている。

   第弐章;「隻眼の死神たち」
      黒装束の男が、不審そうに近付いてきた。

   第参章;「万物を崇めよ」
      ェアと名乗った男の家に招かれ、この街についての話を聞いた。

   第肆章;「息を引き取る者たち」
      どうやら黒装束の連中は、就労資格を持っているらしい。

   第伍章;「大陸教育委員会」
      この街は、第一次レジェンダリィの死後、指導によって整備された。

   第陸章;「智の集まる場所」
      年に一度開かれるという、第一世代の集会を見に行った。

   第漆章;「白装束」
      かつて大陸にあった命は、死神によって回収される。

   第捌章;「鬼籍に()る」
      ニャリスと呼ばれた白装束の女性が "凡ての命が奇跡に(ハイ)る" と笑う。

   第玖章;「第一世代の灯」
      彼らが手にする蝋燭は、後続の世代に比べ、それはそれは大きなものだ。

   第拾章;「灯消ゆ時、土に帰す」
      死神によって此処に引き取られてきた者たちは、やがて土に還ってゆくらしい。



Copyright (C) 2016 8186*60 all rights Reserved.