舞台袖;『起』


index story 05;サンディと沼地の王子


   何処にでもあるフツーの街の、何処にでもあるフツーの店。
   でも その店の名前が 「タルス」 だ、って聞いたら、
   もしかして…って思うヒトが、世界の何処かに必ず居る筈。
   
   私も そんな一人だから、よく分かる。
   来年には学 校プライマリーを卒業する年だっていうのに、諦めきれないでいた。
   
   イケナイことだと分かっていたけれど、夜中に部屋を抜け出した。
   明日、精肉店タルスは閉店する。
   店主のイアンさんは、去年の冬に奥さんを亡くしたばかり。
   お店を畳んで、息子さんの住む遠い港街へ越して行ってしまうのだ。
   そのまま建物は取り壊され、新しいアパートが建つらしい。
   
   私がこれから話すコトを、アナタは信じてくれる…?


Copyright (C) 2012 8186*60 all rights Reserved.