舞台袖;『結』


index story 03;オーディナリィ・ルト


   シニカルだシニカルだ、って云われるケド。。
   甘いだけじゃ遣ってけないのも事実。
   手を振って別れたトモダチとは、もう二度と会えないだろう。
   ソレは思い過ごしじゃない筈で…。

   だけど……本当に大変な時、ヒトは一人じゃなかったりする。
   シニック代表にしては現金な話だけど、
   どんなに頼りなく見えても、いざって時には助けて呉れる誰かが居て、
  「利害の一致」っていう理由(ウラ)があったとしても、感じた心強さは消えたりしない。

   そういう艱難(カンナン)を切り抜けて初めて、僕らは得難いモノを得、非凡を冠するようになる。
   ソレって、無いより有った方が良いんだろうケド――。

   やっぱり「フツーが一番」だ。 僕は そう思う。



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.