第6幕;『使命の発露』


index story 02;入力: ←


   第壱章;「帰還」
      外の調査を終えた私は、一先ず休息を取るコトにした。

   第弐章;「囁き声の導き」
      夜な夜な呻くような溜息が聞こえて…。

   第参章;「隠されたマニア向け図書館」
      納戸の扉のウラ側に、更に扉が あった。

   第肆章;「第一世代による空想技巧会議」
      議長は、私も良く知っているキスェリス・メトロだった。

   第伍章;「ハゥリス・ェアによる挙手」
      変人4人組は、引越し そっちのけでバカげた会議を続けていた。

   第陸章;「ツォリス・ラトファーィヤの発言」
      会議場に踏み込んだ私は、何故か断罪されるコトとなった。

   第漆章;「ミョリス・テクトカによる提案」
      彼らの長年に渡る「知識への渇望」を癒すコトが義務付けられた。

   第捌章;「金属について」
      翻訳して呉れと渡されたのは、ラテン語の本だった。

   第玖章;「【書】に記された使命を果たす為の第一次整備計画」
      私は妙案を思い付き、彼らに協力を仰いだ。

   第拾章;「交渉の旅」
      私が戻る頃には、四人も設計図を完成させている筈だ。



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.